BlindRecollection Official Site

ABOUT

BlindRecollection are...

Vo. miwake
Gt. inomata
Gt. choco
Ba. maru
Dr. ryota

Mail:BlindRecollection 

myspace:BlindRecollection

audioleaf:BlindRecollection 

mixi:BlindRecollection

詳細 >>

今という記憶

お久しぶりです、Voのmiwakeです。


先日はライブにお越し下さったみなさん、ありがとうございました。

メンバー一同感謝しています。


BlindRecollectionは、渋谷サイクロンさんは初めてのステージだったのですが、

楽しめたと同時に良い意味で課題が見えたステージだったと思います。



さて、次なるライブは、しばらく期間が空いてしまうのですが、

12月21日の日曜日、新宿はアンチノックさんで企画をやらせてもらうことになっています。

この企画、メンバーとしてはかなり気合いの入ったイベントでして、

カッコいいバンドばかりを選りすぐって呼んでいるので、

ぜひぜひ皆さんで足を運んでみてください。




先日のライブでは、僕たちのデモ曲2曲を収録したCD-Rを配布しました。

演奏はまだまだ粗い部分もありますが、今の僕たちを知ってもらう上では大事な音源のつもりです。

このページからでも無料ダウンロードできますので、気が向いたらぜひ聴いてみてください。






このあいだのライブでも思ったのですが、バンドサウンドというのはとても面白いもので、

当たり前のように聞こえますが、そのバンドそのバンドの音というのがあります。

どのバンドもそれぞれの特色があって、とても刺激になりました。

『感性』と言ってしまうと少し大げさに聞こえてしまうかもしれないのですが、

やっぱり演奏者によって好きな音やフレーズがあって、それが『バンド』として昇華されていると感じると、

どんなジャンルの音楽であってもカッコいいものに聞こえるのです。

ポップであれ、ロックであれ、コアでもメタルでもなんでも。



『バンド』というのは、メンバーの感性をミックスさせて、一つの作品に作り上げる場所です。

例えば、メンバーの誰か一人が作曲してきた曲でも、

皆さんの耳に届くまでに色々と形を変化させていきます。

それがメンバー全員が思っている以上にいい方向へ進んでくれたら、

それはメンバーたちにとって、とても大事な音となってライブや音源という形で皆さんの耳に届きます。


一つの単音が、メンバー全員で表現している和音に変化するのです。

だから、ライブというのは、僕たちの『現在』を表現している場なのです。

同じ曲をやっていても、1年後2年後のライブではまた違ったものになっているかもしれない。


一言で言ってしまうと、『バンド』というのは、それが面白い。

呼吸をして、変化していく。




12月21日では、BlindRecollectionという『バンド』が、見てくれている皆さんにどいういうことを表現したいのか、

それを少しでも感じていただけたら、ステージに立つ人間として、どれだけ幸福なことか知れません。



これから、時間が経てばBlindRecollectionの音はまた変わっていくのかもしれません。

今度のライブでは、僕たちの『今』を最上の形で見ていただけるように頑張ります。


またお会いしましょう。


2008-10-22 03:12:46投稿者 : miwake
この記事のURL コメント(0) nice!
コメント一覧
コメントはまだありません。